お問い合わせに際し(経営事項審査)

経営事項審査に関しては宮崎県の手引きがインターネット上で入手出来ます。建設業許可に関しては土木事務所に冊子が置いてあります、お求めの場合は事前に土木事務所へご確認頂ければと存じます。

宮崎県 令和元年度 建設業者研修会テキスト 表紙

令和2年度版の冊子はピンクです。

宮崎県知事許可業者用 経営事項審査申請の手引き(第1.1版)表紙 よしなが行政書士みやざき事務所(宮崎県日向市)

画像をクリックで県サイトの検索結果に繋がります。

申請に関する手数料では、県に対するものと、分析機関に対するものが発生します。その他、行政書士へ申請の代行を依頼される場合には、その費用が必要です。

受審する業種についてです。受審しようとする業種の建設業許可が必要です。必ずしも全ての(取得済みの建設業許可の)業種の経営事項審査を受審しなければならない訳ではありません、事業者が任意に選択出来ます。建設業許可申請と異なり、業種の数毎に手数料が加算されます、ご注意下さい。(手引きQ19/p.66等)。

申請でお困りごとや、経営事項審査でお悩みでしたらまずはお問い合わせ下さい。

  • 決算期(審査基準日)
  • 経営事項審査は継続か、新規か
  • 取得済みの建設業許可の業種

以上をまずお聞かせ下さい。

審査基準日

継続の場合は、ゆとりをもってお問い合わせ頂ければ幸いです。経審の有効期限は決算日(審査基準日)から「1年7ヵ月」間です。面談が書類提出の翌々月なのを加味すると、2~3ヶ月は最低時間を要します。手引きでも、決算後3か月以内の提出を強く推奨されています。一方新規の場合など、期の途中で申請する事は可能です。

建設業許可業種

敢えて経営事項審査を受審しない業種を作る事で、他の業種へ完成工事高を合算させられる場合があります(手引きp.18)。評点に影響します。

経営事項審査受審時の、完成工事高の合算(業種間積み上げ)について よしなが行政書士みやざき事務所(宮崎県日向市)

必要な書類

必要な書類は手引きp.94以降にまとめられています。継続の場合は、過去の提出分の控えもご用意頂ければと存じます。

経営事項審査 面接当日に提出・提示する書類一覧チェック表 よしなが行政書士みやざき事務所(宮崎県日向市)

宮崎県経営事項審査 面接時に必要な書類一覧 よしなが行政書士みやざき事務所

県 経営事項審査 手引きはこちらから

当事務所の経営事項審査の特徴

ご希望により財務分析(指標の算定)をシートにしてお渡しします。
同じくご希望により、評点アップでヒヤリングシートを作成できます。売上改善・販路開拓・人材(技術者)育成などを内容とします。A4 1~2枚程度 テキストベース。作成の際はオーナーに、事業内容の聞き取りでお時間を頂戴致します。

建設業 財務分析シートの見本 日向市のよしなが行政書士みやざき事務所が代行する経営事項審査
財務分析シート 見本
繰返し受給できる補助金あります。

従業員20名以下の建設業者が対象になる補助金があります。

ほぼ毎年、繰り返して補助金を受給できます。

投資額の3分の2、最大50万円まで補助されます。

採択率も9~5割と高めです。

申請用紙も数枚で済みます。

経営事項審査と併せて、ご検討下さい。

詳しくはこちらをクリック⏭️

Posted by 行政書士 吉永