Y点(経営状況分析評点)の改善にまつわるページを作成しました。

経営事項審査におけるP点(総合評定値)の中でも、Y点(経営状況分析評点)の特徴と改善についてのページを作成しました。

P点は業種ごとに算出しますが、Y点は全ての業種で用いられるため、自社のP点の底上げになります。

Y点の改善では、売上や利益よりも、負債の抑制の方が自社で直接コントロールでき、取り組み易いです。

設備投資が目的の借入でもY点への悪影響は大きいですが、手持ち資金による設備投資も当座比率や流動比率といった安全性指標の悪化に繋がります。

宮崎県産業振興機構の「みやざき設備資金貸付事業」といった、低利の借入も対策になります。

企業にとって設備投資は新規の需要の取り込みや成長に不可欠な側面もあり、バランスが大事です。

宮崎県の経営事項審査の受審にまつわるお悩みは、よしなが行政書士みやざき事務所にご相談下さい。

繰返し受給できる補助金あります。

従業員20名以下の建設業者が対象になる補助金があります。

ほぼ毎年、繰り返して補助金を受給できます。

投資額の3分の2、最大50万円まで補助されます。

採択率も9~5割と高めです。

申請用紙も数枚で済みます。

経営事項審査と併せて、ご検討下さい。

詳しくはこちらをクリック⏭️